ページ内移動用のメニューです。


ホームの中の会社情報の中のお知らせの中の微生物汚染源の迅速推定システム「ジェノゲート」がバージョンアップ致しました。

微生物汚染源の迅速推定システム「ジェノゲート」がバージョンアップ致しました。

2014年05月02日

このたび、DNAチップを用いたカビの遺伝子検査システム「GENOGATE(ジェノゲート)」をバージョンアップ致しました。
2013年4月の発表以来、本システムは食品や包材工場を中心にカビ汚染防止対策に効果を上げてまいりましたが、より多くの業種、業態からのニーズに広く応えるべく、東洋製罐グループホールディングス(株)と共同で、検出対象菌種の拡大に取組んでまいりました。

本システム、およびバージョンアップの詳細は、ESCO News Letterをご覧ください。

大腸菌群・乳酸菌群・耐熱性芽胞形成菌の汚染防止対策には、Rapicomをご活用ください。

※Rapicomは弊社、GENOGATEは東洋製罐グループホールディングス株式会社の登録商標です。

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求

電話でのお問い合わせ
アース環境サービス株式会社 03-3253-0640