ページ内移動用のメニューです。


ホームの中の会社情報の中のお知らせの中の第2回 インターフェックス大阪に出展致します。

第2回 インターフェックス大阪に出展致します。

2016年01月08日

医薬品関連工場や医療関連施設の「衛生管理」を総合的に支援します!

「二酸化塩素ガスによる除染システム」、「再生医療施設の衛生管理」、「彩都総合研究所(大阪府茨木市に新設)」の3つのテーマに基づいて、衛生管理の支援サービスをご紹介します。
また、各種セミナーも開催いたしますので、ご多用中とは存じますがどうぞお誘いあわせのうえご来場くださいませ。

第2回 インターフェックス大阪 医薬品 化粧品 洗剤 研究開発・製造技術国際展

会期 2016年2月24日[水]〜26日[金] 10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)
会場 インテックス大阪
ブース番号 9-69
入場料 無料(事前登録いただけますとスムーズにご入場いただけます)
こちらからご登録ください http://www.interphex-osaka.jp/ja/

出展社による製品・技術セミナーのご案内

日時 2016年2月24日[水] 12:20〜13:20
場所 セミナー会場I(インテックス大阪2号館)
内容 「二酸化塩素ガスによる除染システム ESCO Willmaster」
弊社が新たに開発した二酸化塩素ガスを用いた除染システム「ESCO Willmaster」の特長をご紹介します。

ブース内セミナー(各回10分程度、会期中毎日開催)

12:00 医薬品関連工場・医療関連施設の衛生管理
PIC/S GMP対応のテーマとなる、1:問題発現後の対処ではなく、未然防止・予防管理の考えに基づく体制づくり、2:予防活動の実施水準、資源配分等をリスク ベースで最善の意思決定を可能にする仕組みの運用、3:リスクベースで一貫して説明できる予防活動の妥当性・根拠の確立、などを医薬品関連工場・医療関連 施設で実現させるための衛生管理手法をご紹介します。
14:00 新開発!二酸化塩素ガスによる除染システム ESCO Willmaster
発がん性への懸念や環境汚染の問題、また除染時間の長さから、ホルマリンによる除染は敬遠されつつあります。これに替わる方法として、弊社が新たに開発し た二酸化塩素ガスによる除染システムをご紹介します。二酸化塩素ガスによる除染法は、優れた気中拡散性による大空間への適用、ガス回収時間の短さによる除 染時間の短縮を可能にします。
16:00 再生医療施設の衛生管理
昨年の薬事法改正、新法の施行などにより医療用の細胞加工・製造が注目されていますが、それらの施設の衛生管理に関する基準については、未だ実際の細胞加 工・製造環境には適合しない部分が多く存在しているのが現状です。一般的な細胞加工施設(CPC)における環境汚染リスク、微小昆虫リスク、及びそれらに 基づく衛生管理手法をご紹介します。

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

ESCO News Letterもご覧ください。

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求

電話でのお問い合わせ
アース環境サービス株式会社 03-3253-0640