ページ内移動用のメニューです。


ホームの中の会社情報の中のお知らせの中の講演のご案内「食品安全監査/審査ワークショップ(2) 食品安全監査/審査における適合性・有効性評価のヒント 多様なハザード分析、様々なHACCPプラン」

講演のご案内「食品安全監査/審査ワークショップ(2) 食品安全監査/審査における適合性・有効性評価のヒント 多様なハザード分析、様々なHACCPプラン」

2014年09月30日

IRCA食品安全監査/審査ワークショップにて、新たなテーマで講師をさせていただくこととなりましたので、下記にご案内申し上げます。

<IRCAホームページより>

食品安全ハザード分析は、飲料食品等の製品特性・喫食方法、およびその製造施設・製造環境、並びにその他の前提条件プログラム等の影響を受け、更に、ハザード分析を担当する食品安全チームの時々の判断に左右されることから、HACCPプラン、オペレーションPRP(OPRP)は一様にはなりません。
その一方で、多様性が孕むリスクを低減する目的で、前提条件プログラム(PRP)、HACCPプラン、OPRPの決定に対して画一的な結論が要求されているケースも見受けられます。審査員/監査員はハザード分析や管理方法の決定に対してその適切性を判断しなければなりませんが、何を判断の拠り所とすべきでしょうか。
当ワークショップでは、幾つかの事例および演習を通じてHACCPプラン等の多様性に対する理解を深め、科学的且つ論理的に審査/監査を実施する上で重視すべき内容について学習します。

主催:IRCA、The International Register of Certificated Auditors - 国際審査員登録機構

【日時】
2014年10月23日(木)9時30分〜16時30分

【受講料】
32,400円(税込)

【場所】
厚生会館 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-5-9

お申込み、お問い合わせは、主催者ホームページよりお願い致します。
http://www.irca.org/ja/training/workshop/fsms2/

この他、下記のIRCAワークショップでも講師を予定しております:
【再開催】「食品安全監査/審査ワークショップ(1) 製造現場における適合性・有効性評価のヒント ―ハザード分析、前提条件プログラム(PRP)の多様性とその評価―」

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求

電話でのお問い合わせ
アース環境サービス株式会社 03-3253-0640