ページ内移動用のメニューです。


ホームの中の会社情報の中の沿革

沿革

アース製薬の姉妹会社として創業以来、一貫してGMPの思想に基づき、独自の支援システムを培って参りました。今後もお客様に感動を与えるサービスをご提供できるよう、システム開発・技術開発に邁進して参ります。

  会社の歴史 業界の動き
1978年 アース製薬株式会社の環境衛生分野への進出に伴い、大阪市に「アース環境サービス株式会社」を設立(資本金1,200万円)  
1980年   医薬品GMPが厚生省令として公布
1985年 資本金を8,000万円に増資  
1986年 「総合研究所」を創設  
1987年   ISO9001の制定
1988年 米国ヴァンダービルト大学病院との相互交流開始(院内感染防止技術)  
1989年 アース製薬株式会社と大塚製薬株式会社から出資を受け、資本金を1億7,600万円に増資 ゴールドプラン策定
1990年 「総合研究所東京分室」を開設  
米国スタンフォード大学病院との相互交流開始(院内感染防止技術)  
1994年 東京本部および北関東出張所を開設 新ゴールドプラン策定
全国9営業所を支店に昇格改組  
清掃現業部門を分離し、「株式会社アース環境」を設立  
1995年 年商50億円達成 総合衛生管理製造過程の承認制度開始
医療関連サービスマークの適合認定をうける PL法の施行
仙台出張所を開設  
大規模病院の日常清掃管理「病院プロジェクト」発足  
1996年 北海道出張所を開設 ISO14001の制定
エスコ641(音波発生捕虫器)で特許登録 O157による大規模食中毒事故発生
1997年 ISO9001認証取得(開発部) 医療機関の格付け開始
1998年   HACCP手法支援法の施行
1999年 エスコBRシステム(ソーラー電撃式防鳥システム)で特許登録  
2000年 ISO14001認証取得(本社) 大手乳業食中毒事件
  ゴールドプラン21策定
2001年 年商100億円達成 有機JAS法発効
2002年   食物アレルギーの表示制度の施行
2003年 東京都食品衛生自主管理認証制度の指定機関となる 食品安全基本法の施行
総合研究所を「総合研究所・東日本」と「総合研究所・西日本」に改称  
2004年 中国北京市に北京阿斯環境工程有限公司を設立 牛肉トレーサビリティー法の施行
2005年 本社を東京に移転(大阪本社を大阪本部とし改組) 薬事法改正
  健康補助食品GMP認定制度開始
  ISO22000の制定
2006年 増資、資本金2億9,600万円  
2007年 宇都宮出張所を開設  
年商150億円達成  
2008年 新潟出張所・川越出張所・土浦出張所・名古屋第二営業所・松山出張所を開設 中国製ギョーザ中毒問題が発生
業者間取引にJAS法を適用
2009年 八王子出張所・北九州営業所を開設 改正薬事法の施行
東関東支店を移転(千葉支店に改称)、西関東支店を移転(横浜支店に改称)  
ISO / IEC 17025 認証取得(総合研究所)  
微生物汚染源の迅速絞込みシステムをRapicomの商標で商標登録  
2010年 京滋営業所を開設 宮崎県で口蹄疫が発生
開発技術本部を開設し、営業本部・管理本部との3本部体制を確立  
2011年 総合研究所・東日本を「総合分析センター東日本」、総合研究所・西日本を「総合分析センター西日本」にそれぞれ改称 ユッケを原因とする大規模腸管出血性大腸菌食中毒が発生(死者4名を含む)
  米国食品安全強化法の施行
2012年 病院サービス関西支店・三重出張所を開設  
ISO/IEC 27001 認証取得(全事業所)  
2013年 帯広出張所・盛岡出張所・松本営業所・熊本営業所・宮崎営業所・沖縄出張所を開設  
国際本部を開設  
2014年 久喜営業所・柏営業所・厚木営業所・掛川営業所・函館駐在所を開設 日本が45番目のPIC/S加盟当局となる
  薬事法改正
  冷凍食品農薬混入事件が発生
  中国での期限切れ鶏肉事件が発生
  食品への異物混入事件が多発
2015年 郡山営業所・山口営業所を開設 厚生労働省 食品への異物の混入防止について監視指導の徹底を通知
本社を移転(現住所:千代田区神田紺屋町17)  
年商200億円達成  
2016年 彩都総合研究所を開設
中国上海市に上海安瞬環境工程有限公司を設立  
タイバンコクにEarth Environmental Service (Thailand) Co.,Ltd.、
およびARS Environmental Service (Thailand) Co.,Ltd.を設立
 
姫路営業所・阪和営業所を開設  
顧客向けWebシステム(ESCOEVO)の提供開始