本文へスキップします。

ページタイトル

総合環境衛生管理について

タイトル背景画像
総合環境衛生管理について

現場主義の「環境ドクター」がヘッドワークとフットワークで
事業所ごとにオーダーメイドのサービスを提供します。

社長も環境ドクター!

社長も環境ドクター!

3つの柱を掲げて、環境ドクターがお客様へのサービスを
提供しております。

アース環境サービスのミッションは、事業所の衛生管理を診断し、問題点を浮き彫りにし、改善対策の処方箋を切り、治療・予防をしながら安全・安心な環境を維持・増進いていくことです。喩えて表現すれば「環境のお医者さん」ということになるので、社内では自分達のことを「環境ドクター」と呼び、日々「圧倒的な技術」を確立するために、現場は勿論、各種研修勉強を重ねています。アース環境サービスは3つの柱を掲げてサービスを提供しています。その3つとは「現場主義」・「科学的根拠」・「再現性」を指します。これら3つがバランスよく現場に組み込まれれば、必ず衛生管理面での経営効果が上がると、確信しております。

人物
WHAT's「環境ドクター」

ヒアリングから「施工、管理」まで一貫して行える総合力が「環境ドクター」と呼ばれる理由です。

  1. ヒアリング

    工場

    自分(事業所)の健康を過信していませんか?

    まず、衛生管理に関する事業所方針、課題、問題点の確認を行います。

  2. 現場調査
    イメージ画像 人物

    工場での「人間ドック」(環境ドクターの診断)で
    「工場の生活習慣病」が発覚!!

    ニーズや社外秘を踏まえ、複数の「環境ドクター」の眼で現場を確認。
    目視だけではなく、記録書やマニュアルの内容確認、さらに、担当者へのヒアリングを行います。

  3. 診断結果の報告・提案

    環境ドクターが、「生活習慣病」を解消・予防するための処方箋を切ります。

    診断結果から「生活習慣病」の要素を浮き彫りにし、治療対策・予防対策の処方箋を切ります。そして、事業所の健康を維持継続するためのスケジュールを提案します。

  4. 対策の実施

    事象所の体型・体力・体質に合わせた対策を実施します。

    処方箋に沿って、環境ドクター自らも現場で施工を実施します。効果は必ず現場で検証します。

  5. 監視と管理

    事象所の健康状態を定期的に監視し、予防管理を実施します。

    現場の定期調査を実施する中で、時点時点での健康状態を監視・評価し、
    常に最善の状態であるよう軌道修正の提案も行います。

  6. 継続的な
    見直し
    ご契約後の作業の流れ CAP-DO

    診断の結果を基に新たな提案書を作成。さらに精度の高い管理を実施します。

    ご契約後も時点時点で最善の管理を持続的に進めるために、当初計画に沿った対策実施の効果を定期的に診断する作業から管理のサイクルを回します。(CAP-Do)
    このサイクルを継続することで、さらに精度が高く、経営効果の高い衛生管理が年々実現します。

異物混入・微生物汚染(の潜在的危険性)は工場の生活習慣病

イメージ画像2

工場の生活習慣病とは「いつ汚染・遺物混入が怒っても不思議ではない」のに無自覚な状態のことを指します。 一度工場の人間ドッグが必要ではないでしょうか?

工場の生活習慣病の主な症状

  • 衛生管理に関する改善対策の優先順位が不明
  • クレームは出ていないが、なぜクレームが出ないかを証明できない
  • HACCP・GMPなどの仕組みが動かない
  • 衛生管理に関わる活動が継続できない
  • 過剰投資なのか中途半端な投資なのかが不明
  • 毎年同じような不具合が出るが、根本的な対策が不明
  • 認証取得などを達成したのに、不具合率が低下しない

トータルヘルスケアシステム(THC)

現場主義・科学的根拠に基づく実証・作業の再現性の継続、衛生環境の総合的な維持管理が、環境ドクターの使命です。
そのためにサービス体系をトータルヘルスケアシステムと呼んでいます。

トータルヘルスケアシステムの3つのバックボーン

大塚グループGMPのノウハウ

医薬品GMP・食品GMP

アース環境サービス独自のノウハウ

全国14000件を超えるお客様と培ったノウハウ

欧米提携先の品質保証システム

欧米提携先等で得られる品質保証の最新情報

エディタV2

ご契約までの流れ

まず「工場の人間ドック」とも言える現場調査を実施し、複雑に絡み合う汚染の因果・潜在的な汚染危害の洗い出しを行います。そして、事業所ごとにオリジナルな総合環境衛生管理の仕様をご提案し、総合力で年間のご支援をいたします。

1. 企業方針・品質方針・課題の確認

  • 秘密保持契約書の提出
初回面談の際に、まず、衛生管理に関する事業所方針・課題・問題点を確認させて頂きます。

2. 事業所現場の確認・実態調査・ギャップ分析

  • 専門員が複数で現場の目視調査
  • 業態別診断シートの使用・定量評価
  • 各種測定・サンプリング(必要時)
  • 記録書・マニュアル等の書類監査(必要時)
お客様のニーズ(社外秘)を踏まえて、専門担当員の複数の眼で、現場の確認をさせて頂きます。目視だけではなく、記録書・マニュアルの確認も行います。

3. 年間管理仕様の詳細を決定・報告書作成

即改善すべき項目・即日に実施可能な項目については、速報で当日にご報告いたします。

4. 報告会の実施・提案内容のプレゼンテーション

  • 報告書・仕様書・見積書の提出、摺り合せ
現状の問題・問題点を浮き彫りにし、年間を通じての対策・計画の青写真をご報告・ご提案いたします。

5. 年間契約の締結 当年度の目標を明記し、目標達成のためのスケジュール・役割分担を明確にした仕様書を提出し、管理契約のご提案を詰めさせて頂きます。

問題発生型、問題発見型、問題発掘型の管理から、問題解決型の管理への継続的改善を支援いたします。